スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
医療従事者の方との勉強会
今日は、医療従事者の方々にご参加頂いて

「フレックスバンドを用いた

四肢体幹の強化の理論とピラティス実践」


の勉強会を開催しました


P1030114.jpg

よく臨床で用いたり知ってはいるが、何のために、どのように使うのか。
効果的な方法と導入するに際しての考え方などをピラティスの原則から
お話させていただきました。

P1030115.jpg

実際に、持つ、触れる、踏む、引く、押すなどなど使い方のバリエーションを
体感していただきながら、ピラティスの原則を初めて聞かれる方も、
実際の動いたら自分自身のからだの動かし方の難しさなどに気づいたり、
きついな~と反応は早かった!!

こうしてみるとSTOTT PILATESとして解剖学的な視点を多く取り入れた
基本的な考え方はどの医療の現場でも応用できるはずなのだと感じました。
エクササイズそのものを覚えることも大事ですけど、なぜなのかを良く
考えればその可能性がみえる。

P1030119.jpg

1時間の基礎的な確認後は、やっぱり体験してみないと。と
赤塚インストラクターにバトンタッチ。終わった後は、本当に
皆さんスッキリ笑顔が満ちていました!

これぞ、ピラティスマジック??

今後も、多くの勉強会を開催していきたいですね。

ご参加いただいた皆様。本当にありがとうございました。明日から
フレックスバンドを呼吸するとき、骨盤や胸郭、肩甲骨にもしっかりと
巻いて、あっ頭と首の安定は、「フレックスバンドのリーゼント」で
エクササイズしてみてくださいね!
スポンサーサイト
【2010/07/01 00:34】 | 理学療法士 | コメント(0) | page top↑
医療従事者のための勉強会!
フレックスバンドを用いた

四肢体幹の強化理論とピラティス実践

ST06056.jpg        DV81123.jpg



日時 6月30日(水)19:00~21:00 

*対象者:医療従事者の方。(医師、看護師、理学・作業療法士、柔道整復師)

もう間もなく締め切り間近となったビーキューブピラティスカンファレンス
の前に、またSTOTT PILATESメソッドに出会ったことのない方でも安心して
ご参加いただける勉強会を開催いたします。

もちろん日々の臨床に役立つ内容です。

臨床で活用される頻度の高いフレックスバンドを使用します。
*フレックスバンドとはいわゆるセラバンドのこと。

解剖学的視点を多く取り入れたストットピラティスを通して身体機能や
個々の関節構造・筋力に応じて、安全かつ効果的なエクササイズ導入の
基礎を見つけることができます。

1) ピラティスの基本5原則:フレックスバンドの特性と身体機能への
   効果的なアプローチ理論を学びます。

2) ピラティス実践:実際にフレックスバンドを用いたエクササイズを
   行い、その理解を深めます。

【担当】

理学療法士・STOTT PILATESインストラクタートレーナー 出津 恵子(いでつけいこ)
STOTT PILATESインストラクタートレーナー     赤塚 貴之(あかつかたかゆき)


【持ち物】
筆記具、タオル、動きやすい服装をご用意ください。


【料金】 ¥3,150


【紹介ホームページ】 PT-OT Net

【お申し込み】お電話でお申し込みください。その際「PT‐OT NETを見ました」
とお伝え頂くとご案内がスムーズです。

電話:06-6241-6362 

〈受付〉月~金:10:00~21:00/土・日・祝:10:00~18:00

* ご注意

この勉強会は医療従事者の方のみ、ご参加いただける勉強会となっておりますので
あらかじめご了承ください。

【2010/06/18 10:00】 | 理学療法士 | コメント(0) | page top↑
理学療法士、作業療法士の皆さま
今朝は、宝塚音楽学校の授業にでかけてきました。
昨年より1年ピラティスを経験してきた生徒さんも
いよいよ本科生へ!

目標としっかり授業を聞く姿勢は、プロへの第1歩を
踏み出したその勢いがありました 

午後はスタジオに戻り、お客様とのセッション。

今日はまた、たくさん降り注ぐ雨のなか、新幹線にのって
来てくださったり、高速を飛ばしてグループクラスに
駆けつけてくださった方や、お仕事の合間にきてくださった方など、スタジオは
雨も喜ぶ活気でした。いつもみなさん、本当にありがとうございます。

さらに、今日はスタジオでのワークショップなどの情報を
理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の皆さまに情報を
共有させていただけました!すごく嬉しいです

コチラから ↓ ↓ ↓
PT-OTネット 学会-セミナー情報

最近の登録をチェック! 5月8日の姿勢分析ワークショップを紹介しました。

ビーキューブからさらにピラティスを通してリハビリテーション
に活用できる方法をたくさん発信していきますのでご期待ください!
【2010/04/22 22:44】 | 理学療法士 | コメント(0) | page top↑
人の動きを見極めるには、相手が必要と思うことを見極める
先月28日に第45回理学療法士の国家試験がおこなわれました。

臨床でのリハビリへの期待と理学療法士の活躍意義が益々高くなると
思うと、春から活動する皆さんと共にまた前進できる気持ちになります。


azae08.gif ワクワクする~

今、こうしてピラティスを通して健康を意識しながら
お客様の体をみていく時間が多くなりました。

「先生の中の、ピラティスへの思いって何ですか?」と
先日スタッフからこんな質問をもらいました。

専門として長く関わってきた中で、身についたものを
ピラティスを通して存分に提供できることなんです。

「見る力」「もっと動きが変わる方法」がとにかく
お会いした瞬間的に頭と体と手が動きだすぐらいになって
いる感覚がありまして。。。(ちょっと気持ち悪い??)

自分がしたいこと、教えたいエクササイズをいうのではなく、
相手の方が必要と思われることと、自分が肌で感じ取った、
目で見たことがどうエクササイズとマッチするかを考えるんです。


その意味や目的、思った考えを必ず相手の方にも伝える
というか、お話していきます。お互いに納得できる内容で
あればあるほどその時間がとっても貴重な時間となると
思うのです



【2010/03/05 22:59】 | 理学療法士 | コメント(0) | page top↑
母校訪問!
この東京行きは、私にとって懐かしいことと、
新しい事と混じってほんとに貴重な経験でした。

SN3J0013.jpg

ここは、東京衛生学園専門学校。
私の理学療法士になるために学び
続けた母校であります

私自身が体験し、現在皆さんにお伝えしている
STOTT PILATES®の活動とこれからの将来に
向けて、先生方にご挨拶をしてきました!

学校内は生徒さんの、学びの目を見させて頂き、
懐かしい学校内を見学しました。変わらない場所
も変わった場所も、ワクワクでした


これからたっくさんピラティスの良さをお伝えしていきます。
ピラティスを通して、健康的なライフスタイルの創造を通し
それらを楽しむ人たちを増やし、またそれを研究していくチーム
を作り社会に貢献できるよう取り組んでいきます!
【2009/09/18 12:29】 | 理学療法士 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。