スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
早番筋肉!?
さてさて、今日は腹横筋の小話といきます。

TRA


最近、注目度No.1のこの筋肉。なにせ、お腹を平らに
してくれる優れ筋身体の最も深い部分にあり、お腹から背中までそして、
骨盤と肋骨をも支えるいわゆる腹巻きのような筋です。

前回、登場した骨盤底筋とともに、呼吸を意識することで
その収縮が促され、何よりも腰椎を安定させる役割を果たします。

腰痛やぎっくり腰の経験のある方で、腰痛用のベルトをしたことがある方
も多いと思います。実はそのベルトこそが活動するべき腹横筋なのです。
本当は身体の奥底にある筋なのに、仕方がなくからだの上からベルトを
するんですね。でもベルトをするとなんとなく楽になるってことはないですか??


日常の生活の中では比較的、身体の表面にある(触ることのできる)筋
が動きを作り出してくれます。例えば腹直筋や腹斜筋(腹筋)、
脊柱起立筋(背筋)などがその筋にあたります。
でもかにその裏方では、骨盤底筋や腹横筋が
先に仕事をしはじめているのです。腰痛やぎっくり腰などでは
その働きが出遅れたり働く前に動作が起こったりすると発症することが
多いといわれています。


ピラティスのエクササイズの初めは、何よりもこの
早番筋肉


に向かって「さぁ、今から働きましょうよ!」
と話しかけ、そしてその働きを促すことを重要視しています。

なので、みなさんがピラティスのエクササイズを覚えるというより、
身体が勝手に反応してくるものなのです。

ピラティスってむずかしい~って思うかもしれませんが、
その感想は大正解!! もうすでに皆さんの身体が反応している
証拠になるんですよ
「お~反応してくるぞぉ」とちょっとワクワク
していてくださいね。


さあ、この寒い時期こそ腰痛、ぎっくり腰知らずの身体を目指して、
ピラティスで身体に反応してもらいましょう



スポンサーサイト
【2008/01/21 18:39】 | 勉強法  | page top↑
みなさん、あけましておめでとうございます。


明けまして

おめでとうございます。




ついに2008年が始まりましたね。
今年も、皆さんと一緒にピラティスを楽しむ!
をモットーに、皆様のお越しをお待ちしております。

これからもピラティスを続けていく方、これからやってみたいな
と思っている方。年齢、性別なんて関係ありません!

健康への意識を高めたい、運動を始めたい方、ケガ後のリハビリ
目的にあわせてピラティスを安全にそして効果的に行うことができます。

いつでも、遠慮なくご相談くださいませ


さて、1月8日から!
いよいよ、わたくしIDETSUがリフォーマーの
グループクラスに登場します。これが、みなさんリフォーマーという
動くマシーン。私はこのリフォーマーと私の筋肉達
の駆け引きがたまらなく好きなんです

動かしたとたん、筋肉プルプル、腕も脚もわたしのコアも
叫びます!ぜひリフォーマーを楽しみましょう

火曜の19:40~ そしてリフォーマークイーンの宮本インストラクター
が土曜13:50~ 張り切って全8回みなさんをリフォーマーの世界へ
お連れ致します
【2008/01/06 02:03】 | わたくし事 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。