スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
解剖学とティーチング
3月、最後の寒さ~という1日でしたね

  rise08.gif

先日、ICCBコースが終了しました
今月末には試験を控えている受講生のみなさんが
たくさん、練習に来ています。

STOTT PILATESを通して、解剖学の大切さを
身にしみるほど感じる日々ですが、みなさん
解剖学を覚えないといけない!と思っては
いませんか? 

覚えたら、ステキな指導ができるかといえば、
決してそうではありません

こうしてみてください。

自分の体でピラティスを体感しまくること!
体で覚えれば、覚えるほど習った解剖学が
理解できるし、指導にも活かせる。

これから、コース受講を考える人も、練習中の人も
いま指導中の人も、そして何よりも私も!!

さあ、今からピラティスセッションを受けまくれ


【2010/03/10 22:46】 | インストラクターなこと | コメント(0) | page top↑
<<姿勢分析、肩甲骨をマスターしよう! | ホーム | 人の動きを見極めるには、相手が必要と思うことを見極める>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。