スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
週末からゴールデンウィークコースいよいよスタート!
さて、STOTT PILATES®の養成コースに興味がある方はどんなところで
授業をしたり、見学したり、練習したりできるのか。またどんな教材を
使用するかなど、気になりませんか? 

もちろん、スタジオで実際に見学や教材を手にして中身をご覧いただけますが、
STOTT PILATES®本部の教材紹介ではPDFでその一部を紹介していますので、
ぜひ見てください。

日本語 マットマニュアル

↑ ↑ ↑
110_matmancover.jpg


この教材の中には、具体的にどんな流れやいつ呼吸をするか。
どの順番で関節や筋肉がつかわれるのか。
インストラクターとしての観察(フォーカス)ポイントや注意点など
が細かく記載されています。実際に、教材をしっかり読み込みながら
理解を深めることができます。

私自身、英語教材から勉強を始め日本に戻って日本語を学び、
双方から攻めましたが、本当に読めば読むほど様々な文章のつながりと
向けるべき意識のその意図まで、納得が深まり教材に感謝しています。


見学は、もちろん日々活躍中の生のインストラクターのセッションを
見ていきます。それによって、教科書には表現できない言葉の活用、
手の使い方や立ち位置などすべてにおいて自分自身のスキルに生かす
方法を学ぶことができます。


まずは、養成コースの中身をチェック! 

アカデミー プログラム概要
【2010/04/24 10:00】 | LTC ピラティスアカデミーコース | コメント(0) | page top↑
<<アカデミー受講生の声。 | ホーム | 理学療法士、作業療法士の皆さま>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。