スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
これいいですよ。
こんにちは。

もうすぐ、大阪にきまして2年が
経ちます

今までとは環境の違った世界に
飛び込んだ私に、上司の方が
この本をくださいました。

PHP

PHPスペシャルはとっても小さな
本なのですが、このタイトルに
かならず
 
『ワッ これだわ』

と自分に今必要なことがドーンと
書いてあるのです。

特集インタビュー(2007年5月号)には
美容家のIKKOさんや字幕翻訳家の
戸田奈津子さんの掲載がありました。

IKKOさんはこういってます

「相手が喜ぶこと」それだけを考える


無知な自分が知っていた"常識"を
捨てることだったと。
自分の気持ちばかり考えていると
「ズレ」から人間関係は間違いなく
崩れる。
だから相手の常識に合わせて
相手の気持ちになること、常に
心を尽くして振舞うことだった。

戸田さんのインタビューには

「知らないこと」は学びのチャンス

たしかに、映画の翻訳では、
例えばロケットが出てくる映画とか、
宇宙工学とか、分野が分からない
ものも翻訳することもある。

知らないから興味なしではおしまい。
「好奇心」をもって「知ろう」として
接すれば何かしら興味を引かれる
点が見つかるんですって。


インストラクターとしてもこういう言葉
から学べることがたくさんありますね。
【2009/02/17 12:38】 | おすすめ本 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。